家泉ダンススクール

スタッフブログ

俺とお前の日記

HOME > INSTRUCTOR > スタッフブログ

おお

  • 7月20(月)

    こんにちは、田中直樹です。
    本日レッスン中に懐かしい友人が窓から飛び込んできました。
    彼はおそらく月の光を頼りに自分のゴールを目指して旅している途中に
    教室の光を月と間違えて久々に僕の目の前に現れました。
    彼の(彼女?)名前はアオドウガネという緑色のコガネムシです。
    35年くらい前に田中少年が虫かごに集めていた思い出の虫の一種です。
    昔の日本人は緑色でも青と言うと何かで読んだ記憶がありますが、アオドウガネも緑色です。
    信号機のミドリ色を青信号と言うのもその名残だとか。
    昨日久々に見たギンヤンマと言うトンボも銀色ではないのですが・・・それはなんでかな? (笑)
    世の中が大変な状況になってしまったようなニュースが毎日流れますが、
    何千年も前から昆虫は変わらないライフサイクルを続けているのを見ると
    何となく大丈夫だと思える気がします。
    止まない雨は無い。悪い事ばかり続かない。
    そう言い聞かせる梅雨の晴れ間の月曜日です。

  • 7月13(月)

    こんにちは、田中直樹です。
    思えば日本各地をさまよい歩き、山あり谷ありの人生だったな、と思う最近ですが
    今は池袋と言う3大副都心でお仕事をさせてもらっています。

    もい一度住んでみたいのはどこ?と尋ねられた時にいつも思い浮かぶのは神戸ですね。
    今朝その神戸時代の生徒から携帯に連絡がありました。

    いまは幸せいっぱいで、育児に奮闘しているのを聞いて、自分も幸せな気分になりました。
    ダンスをしていなければまず会うことのない人たちと、時には笑い、一緒に落ち込み感情を素直に出していた。
    時が過ぎても僕の中ではあの頃のままのみんなが突然よみがえった瞬間、ダンスしてて本当に良かったと
    心から思えたそんな梅雨の朝でした。

  • 7月11(土)

    こんにちは、田中直樹です。
    まだまだ梅雨空つづく今日この頃、皆様お元気ですか?
    たまたま貰ったニンジンの種を育てた事から始まった「家泉ファーム」
    教室で育てたミニキャロットをピクルスにして食べるという、楽しいハプニングがありまして
    第二弾は更に調子に乗って色々な物を育ててみようかと思い
    家泉先生の協力の下、現在準備中です。
    小さな種から元気よく育ってゆく命を見ていると「私も頑張ろう」と思ったりします。
    風通しも、太陽も満点でスタッフ一同頑張ってまいりますので、是非お教室にお越しください!

  • 6月22(月)

    こんにちは、田中直樹です。
    梅雨の真っただ中、皆様お元気ですか?
    雨の池袋は色とりどりの傘が行き交い、段々といつもの賑わいが戻ってきたような気がします。
    運動不足が心と体に影響することを、実感し直す今日この頃です。
    教室も段々といつもの雰囲気が戻りつつあり、かなりほっとしてます。

    話は変わりますが、、、
    先日実家の庭に置いてあるカエルの置物が空中に浮いているという、怪奇現象が起こりました。
    超常現象用語では、ポルターガイストでしょうか。

    陶器で出来ているカエルの置物の重さは、2~3キロはありそうな物です。
    そんなものが宙に浮いているなんて…

    恐る恐るカエルを覗き込んだその時!


    カエルの下から一本の笹が天高く伸びていたのでした。
    そのまま育てて七夕まで様子を見る事にしました。
    願い事を沢山用意しなくては!!